くるるり

kurururi.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 12日

すべらない話

どうも。
「ドーベルマン可奈子」から、旦那では満足できないと相談されています、ただをです。

遅ればせながら昨日「大日本人」をDVDで見ました。
映像がごちゃごちゃしてて見難かったり、まっちゃんが何言ってるかわからなかったりで、
映画としてはこんなもんかなって感じでしたが、結論としては大爆笑でした。

個人的には
①変身シーン
②ロゴマークの存在
③四代目がふすまを開けた瞬間
④板尾
⑤ラスト10分

が、死にそうになりました!

そういえば、約6年前でしょうか?
私が自動車学校へ行っていた時の出来事です。

「応急救護」なる科目があり、10人ほどで教室に集まっていました。
部屋の中央で横たわるマネキン。
仮想けが人です。

教官から色々説明を聞き、順番に実演することになりました。
周りはみんな知らない人。
その中で教室の中央まで行き、無表情で横たわっているマネキンに向かって
「大丈夫ですか?意識はありますか?お名前は?」
っと話しかけるという超ふざけた講義。

ただ、やはり自分の番が近づいてくると緊張するものです。
ドキドキドキ・・・・、ドキドキドキ・・・。

「はいっ、次の人!」
私の番だ!

「大丈夫ですか?お名前は?」
緊張しながらも私はまあ無難に終えました。

そしてまた教官の声。
「はい、次の人!」

私は自分の席に戻りながら、次に実演する男性(恐らく同い年くらい)とすれ違った。
今でもはっきりと覚えているのは、彼の極度に緊張した表情だ。
手と足が一緒に出ているんじゃないかと思うくらいのぎこちない歩き方。

彼は教室の中央まで歩いていき、横たわっているマネキンの横にかがみこみました。
恐らく緊張のあまり頭が真っ白になっていたのだろう。
大きく息を吸い、彼の発した言葉は、
元気ですかー!

なぜに猪木???

教室みんな、笑いこらえるのに必死。
悪気はないなのがかえって笑えてしまうのがかわいそう。

伝説の一日でした。
[PR]

by kurururi | 2008-02-12 23:44


<< チオビタ      ご当地検定試験 >>