くるるり

kurururi.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 19日

痴漢

どうも。
ソファーが欲しいけどお金がない貧乏人ただをです。

痴漢!
女の敵です、はい。

ただし、男も痴漢に会う事はある。
ごく、まれに。

そう、「セクハラ」=「男性が女性に対して行う性的いやがらせ」と解釈されがちだが、
「女性から男性」でもそれは「セクハラ」と呼ぶように、男性も痴漢に会う。

話が長くなりましたが、オレが言いたいのは、本日ただを・・・、

痴漢に会いました!


今日は某会社社長の葬儀があり、まあ参列したわけですよ。
そんで無事終わって、歩いて会社に戻ってたら変なおっさんが話しかけてきたわけです。

「おにいちゃん、誰が亡くなったん?」(ちょっと異様な雰囲気のおっさんだったがこの段階では無害)

「○○会社の○○社長です。」(丁寧に返事)

「そうかー、じゃあ次の社長は息子さん?」(マニュアル通りの会話に少し安心)

「そうです、○○さんが新社長です。」

「ところでおにいちゃん、葬儀終わったんならネクタイ外したら?」

「ええ、会社戻ったら外します。」(いらんお世話だ、この酔っ払い!)

「・・・・・、おじちゃんが・・・・、外してあげようか?」(やばいー!変態だー!)

「いっ・・・、いいです。自分で外しますから・・・」(少し早歩き)

「そんなこと言わずに!おじちゃんが外してあげるから!こっちおいで」(エロ眼、鼻息荒い、口半開きで近づいて来る)

「ほんと結構です、僕急ぎますので失礼します」(半泣きダッシュ)

「いいから、外してあげるって!ほらこっちおいで!」

「キャー!!」(Bダッシュ)

そんなこんなで走って逃げました。
なんだったんだろう、あのクソじじいは?
女性の気持ちが少しわかった春の昼下がり。

うおー、N極君!
何だい、S極君?
痴漢はイカン!

c0040675_2363285.jpg

ニッ!
[PR]

by kurururi | 2007-02-19 23:07


<< 最高の空振り      バレンタイン2007 >>